日記

【虫注意】1年ぶりに里帰りしたら家が崩壊していた件【にゃんこ警報】

お父さん

どうも!お盆中、久々に会った親戚から「幽霊みたいに真っ白やな。」と言われた男こと、元自衛官・ひだりゅー(@dakahi3776)です。

まあ、普段日差し浴びないから、多少はね(諦観)

さてさて、今回は父の実家に里帰りした時の一部始終をつらつらと書いていこうかと思います。

果たして記録的大雨に晒された我が家は無事なのだろうか・・・

スポンサードサイト

悲劇!崩壊したマイホーム・・・

僕が今回帰郷した父の実家は、朝鮮半島と九州の間に浮かぶ島、長崎県壱岐市であります。

この島は、6月末に50年に一度の大雨が降り注ぎ、島内の1000ケ所以上ががけ崩れを起こしました。

(1時間120.0mm、24時間の降水量は午前6時20分までに432.5mm。これは長崎県内では観測史上1位)

そんな事情もあり、里帰り先が崩壊していないかドキドキしながら向うと・・・

傾く食器棚

 

食器棚傾いとりますやん(驚愕)

 

恐らく例の大雨で床が腐ってしまい、食器棚の重みに耐えられなかったのかもしれませんね。

さらによくよく見てみると・・・

穴が空いた壁

 

壁に穴が空いとりますやん(白目)

 

傾いた食器棚の勢いがヤバすぎたのか、壁が脆すぎたのかわかりませんが、なんと壁に大穴が空いてしまっていました。

もはや防犯もクソもない。

なお、室内には蛇の抜け殻が落ちていた模様。怖ぇよ・・・

驚愕!!ラブホと化したマイホーム

家の点検も終わったので、続いては離れにある小屋「隠居」へ向かいます。

ここは子供の頃からよく行った場所で、隠居を眺めているだけで幼いころの様々な思い出達が、まるで春の日差しのような温かみを帯びて蘇ってきます。

一時のあいだ懐かしさに浸った後、いざ隠居の点検をしようと引き戸に手をかけたその時でした。

僕はトンデモナイ物を目撃してしまったのです。

それは・・・

交尾しているセミの抜け殻

 

未成年の淫行シーン(照)

 

冗談はさておき、どっちもすでに抜け殻でした。

こんなシーンも珍しいんですが、それよりも下のセミの抜け殻が後から来た幼虫の重みを耐えきった事の方が個人的にビックリしました。

小さい体だけど、爪がガッチリと木に食い込んでいるんでしょうね。凄いぞ、セミくん!

スポンサードサイト

仲良し父子にゃんこズ

自宅のゴタゴタが済んだ後は、親戚の家へ挨拶。

この親戚の家は、元々牛を飼っていたのですが、現在ではダックスフンドと猫が暮らしています。

ワンちゃんはまた今度紹介するとして今回は猫ちゃんについて書いていきます。

猫の親子

上の写真が親戚の家で飼われているにゃんこ達。

左がお父さんで、右が坊っちゃん。

お父さん猫は、オスにしては珍しく子煩悩らしく、子猫ちゃんの遊び相手になっていました。

また、子猫は僕が見てきた中で一番人懐っこい猫で、初対面の僕にお腹を見せては

「あそんでよぉ~」

と誘惑してきたので、僕は思わず鼻血を吹き出してしまいました。

可愛いw持って帰りたい!

終わりに

というわけで、今年の里帰りの様子をちょこっと紹介させてもらいました。

今年もカに刺されまくったり、父親にムカデを放り投げられたりと散々な目にも合いましたが、怪我もなく無事新幹線の中でこの日記を書いています。

今回の滞在では、今まで行ったことがない壱岐島北部の観光地も幾つか周ったので、こちらも機会があればまたレビューしていきたいものです。

ではでは、故郷に里帰りする人は皆さん。

お気をつけて帰ってくださいね。

決して渋滞でブチ切れるなよw

by.元自衛官・ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

 

-日記
-, , , , , ,