動物

【猫画像】ねこハンターが征くvol.1【広島県広島市比治山公園編】

投稿日:2016年5月13日 更新日:

諸君 私はねこが好きだ

諸君 私はねこが好きだ

諸君 私はねこが大好きだ

三毛猫が好きだ
シャム猫が好きだ
アビシニアンが好きだ
アメリカンショートヘアが好きだ
ミックスが好きだ
ロシアンブルーが好きだ
ボブテイルが好きだ
サバンナキャットが好きだ
おニャン子クラブが好きだ

平原で 街道で
屋敷で 草原で
公園で 漁港で
喫茶で 店頭で
海岸で 自宅で

この地上に存在するありとあらゆるにゃんこが大好きだ

諸君 私は天使の様なねこを望んでいる
諸君 猫に付き従う大隊戦友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なる可愛さを望むか?
情け容赦のない小悪魔の様な気まぐれさを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な猫パンチを望むか?

スポンサードサイト

 

『おにゃんこ!

 おにゃんこ! 

 おにゃんこ!

 (猫なで声)』

 

よろしい ならば観賞だ

 

ーーーーーーーーーvーーーーーーーーー

ねこハンター

こんばんは、ひだりゅーです。

突然ですが、実は自分ねこハンターだったのです!!!


 

説明しよう!

ねこハンターとは猫が好きすぎるあまり、その美しい姿を写真に収める事が生きがいの者たちの総称である!

彼らが崇拝するのは、猫の肉球。

聖地は猫の楽園・青島である。


 

そんな僕のねこハント歴で最も古い画像を発見したので、今回はこの場を借りて紹介していきます。

今から9年前、場所は広島市にある都会のオアシス「比治山公園」です。

ではでは、どうぞご覧下さい。

スポンサードリンク




ねこハンター収穫記録その1

比治山公園

2007‎年‎11‎月‎4‎日、当時18歳だった僕は広島市現代美術館の「大竹伸朗展 路上のニュー宇宙」なるものを鑑賞してきました。

大竹伸郎展

展示内容は海辺で拾ったゴミで作成されたアート作品。

正直、当時はスゴさがよく分からず

「世の中にはいろんな人がいるんだな~」

と小学生並みの感想を思いついただけでした。

なお、八年後香川県で「I♥湯、超やべぇwww」ってなるのですが、それはまた別の機会に。

I ラブ 湯↑大竹伸朗制作、伝説のカオス銭湯『I♥湯』

美術館を出た後、隣接する「比治山公園」を散策することに。

比治山公園の階段

長い長い階段を歩くと・・・

比治山公園の猫たち

そこは猫たちの住処となっていました。

あたりには

比治山公園の白猫

ねこ・・・

比治山公園の白猫・その2

ねこ・・・

白うさぎ

ねこ・・・!?

いや、違います。

なんと猫に紛れて、白うさぎが公園内を走り回っていました。

鳴く白うさぎ

よく見るとちゃんと首輪が付いています。

近くには飼い主のおばさんが知人と微笑ましく談笑している姿が。

うさぎがキャットフードにならないかを心配しつつ、僕は公園を後にしたのでした・・・

終わりに

「にゃんこハンター」の記念すべき第一回でしたが、書き終えると大竹伸朗とうさぎの話になったは至って不思議でございます。

というか、実は序文のくだりがやりたかっただけというねw

次回は2010年の富士山勤務終了後に真っ先に行った新宿の猫カフェの写真を載っけていこうかと思います。

ではでは、またお会いしましょう!

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

 

↓シェアして頂けると励みになります!

スポンサードサイト

-動物
-, , , , , , , , ,

Copyright© ひだりゅー通信局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.