ニュース

イギリス、国民投票にてEU離脱派勝利!!日本への影響は?

投稿日:2016年6月24日 更新日:

本日、2016年6月24日は歴史に残る一日になりそうです。

 

イギリスの公共放送BBCは、日本時間の午後0時40分ごろ、国民投票の結果「EU離脱」の票が多数を占めることが確実になったと伝えました。

1973年にオイルショックによる西ヨーロッパ諸国への打撃を契機として、ECへの加盟が認められて以来、実に43年ぶりの歴史的な出来事となります。

EUからの離脱を訴えてきたイギリス独立党のファラージュ党首は、支持者を前に演説し、「われわれは勝利するだろう。イギリス独立の夜明けだ。6月23日はわれわれの独立記念日になるだろう」と述べました。

逆にEU残留派のキャメロン英首相は先ほど辞任を表明。

まさに明暗別れる結果となりました。

イギリス国旗

出典:Wikipedia

今後、英国は2年の期間を掛け、EUを離脱する動きを取るとされています。

イギリス経済はもちろん、日本経済も少なからずダメージを受けるでしょう。

今回はイギリスのEU離脱による日本の影響をまとめてみました。

スポンサードリンク




EU離脱によるイギリスの影響

なぜ、EUを離脱が多数派になったのか?

結論から言えば、難民問題が挙げられます。

EU加盟国には「難民受け入れを拒否できない」という法律があります。

そして、社会保障が手厚いイギリスは、難民の人気国です。

その難民の衣食住の費用負担は、国の税金から賄われます。

これにより、国民の税負担が重くなってしまいます。

他にも難民との仕事の奪い合いによる失業者の増加や治安悪化などの問題も浮上してきました。

これによりイギリス国民の中でEU離脱の声が多数派となってしまったのです。

ロンドンの価値低下と95万人の失業者

現在、世界のマーケットは、3つの都市を中心に回っています。

アメリカのニューヨーク、中国の上海、そしてイギリスのロンドンです。

また、ロンドンに拠点を置けばEUのその他27か国でも自由にビジネスを展開できます。

こうしたこともあり、ヨーロッパでビジネスをする各国の金融機関がロンドンに拠点を置いています。

スポンサードサイト

が、今回イギリスがEUを離脱すると、ロンドンに拠点を置いても、ヨーロッパ展開できなくなる可能性が高くなります。

そのため、多くの金融機関はロンドンを離れ、ドイツかフランスに移転するでしょう。

この影響によって生まれる失業者は、残留派のデータによれば95万人に上ると言われています。

ポンド低下による経済悪化

イギリスがEUを離脱すれば、国力の信用低下により英国通貨「ポンド」の価値が低下します。

ポンドが弱くなるとイギリスが他国のものを買うときに、より多くのポンドを支払わなければなりません。

これによりイギリスの購買力が低下し、英国内の景気悪化にもつながります。

イギリスがものを買わなくなれば、それまで売れていたものも在庫になってしまってEU全体が不景気に陥る可能性もあります。

日本への影響

日本も不況に

イギリスは日本にとってアメリカ、中国、オランダに次ぐ第4位の投資先です。

イギリスに進出している日本企業の数は1000社を超え日本の対イギリス直接投資の額は1兆7000億円

これだけ密接に関われば、もし英国が経済悪化すれば日本も道連れになるでしょう。

不確実性の高まりによる円高・金融危機

ポンド安・ユーロ安、株安が起こり、その結果、安全資産としての円を買われて円高となります。

海外旅行者や輸入業者にとって円高はありがたいものです。

が、逆に外国人観光客が減り、輸出業者も儲けが減ってしまいます。

さらには長年言われるデフレ問題も長期化する恐れがあります。

また、急激な株価、貨幣価値の増減で投資家や銀行へのダメージも考えられます。

輸出への影響

円高、ユーロ安、ポンド安となることにより、ヨーロッパ諸国は日本製品をこれまでより買いにくくなります。

結果、日本の対ヨーロッパ輸出が落ち込み、国内の輸出業者の儲けが減るでしょう。

日本経済全体の景気悪化にもつながってくることが考えられます。

EU解体へ発展し、リーマンショック級の混乱も・・・?

EU内にて経済力No.2であるイギリスが離脱することにより、EUそのものの求心力が落ち、他の加盟国も離脱する可能性も増します。

これにより、世界経済に混乱が起き、リーマンショック級の影響が出るだろうという意見も・・・

終わりに

以上が、EU離脱で考えられる日本への影響となります。

実際、24日現在、市場ではポンド安、円高となっています。

個人的にリーマンショック級とまでは行かないと思います。

が、どうなっても素早く対応できるように、今後はイギリスの動向を注視する必要があると感じます。

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

 

↓シェアして頂けると励みになります!

スポンサードサイト

-ニュース
-, , , ,

Copyright© ひだりゅー通信局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.