旅行記

僕が見た被災地フクシマ【東日本大震災から今日で5年】

投稿日:2016年3月11日 更新日:

皆様、こんにちは。

ひだりゅーでございます。

皆様は今日が何の日かご存知でしょうか?

・・・そう、5年前の3月11日14時46分18.1秒、日本観測史上最大の規模M9.0を記録した「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。

地震に伴い、高さ20mを超える大津波が太平洋沿岸の人々を襲いました。(東日本大震災のデータ|東北学院大学参考)

その結果、死者行方不明者計18,455人の大惨事に・・・。

また遭難者も震災発生直後のピーク時においては40万人以上、2016年2月12日時点でも174,471人発生しています。

そして、震災は人的被害だけに留まりません。

スポンサードリンク




福島第一原子力発電所

地震から約1時間後に遡上高14 - 15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、全電源を喪失。原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生。大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展した(→福島第一原子力発電所事故)。この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、チェルノブイリ原子力発電所事故と同等に位置付けられている。

Wikipediaより出典。

このため、富岡町浪江町双葉町大熊町の4町は定住者がおらず2016年3月11日現在でも

 

人口0人となっております。

 

さて、震災から2年8ヶ月経過した2013年11月30日。

僕は日本一周旅行をしている時に、上で挙げた富岡町へ行く機会がありました。

理由は原発についての直接的な見聞を得る、及び震災の爪痕を見るためであります。

今回、その時に撮影した写真をいくつか公開したいと思います。

これをきっかけに被災地の爪痕を少しでも知っていただければ、筆者冥利に尽きます。

国道6号線を北へ

前日、いわき市にある道の駅「よつくら港」にて一泊した後、国道6号線をバイクで北上していく。

ここから富岡町まで27km、車で40分ほどの距離である。

道の駅ならは

途中、道の駅「ならは」の横を通った。

が、原発事故に伴って休業となっており、代わりに双葉警察署臨時庁舎として使われていた。

2016年現在もなお、道の駅としての営業を再開できないでいるそうだ。

富岡町の元々の警察署

さらに10キロ北に進むと元々の警察署を発見。

汚染土砂の袋と字が抜けた「作 う」の看板が印象的であった。

ここから、立ち入り制限区域のゲートまではさほど距離がなかったと記憶している。

放置されたソフトバンクショップ

放置されたファミリーマート

富岡町のスーパー

警察署付近には打ち捨てられた店舗が所々に立ち竦んでいた。

驚いたことに放置されていた割には綺麗な状態であった。

まるであの日から時間が経っていないかのごとく・・・

スポンサードサイト

富岡駅前

富岡町内の道路

国道から脇道に折れた場所。

路面状況はかなり悪く、雑草がここぞとばかしに生えていた。

看板にも書いてある「野生化した動物」とは件のイノブタのことだろうか?

富岡駅と廃車

富岡駅と廃車2

脇道を進むとJR東日本の「富岡駅」があった。

駅前には波で流された自動車がシュールレアリズム的な現代美術彫刻の様に鎮座されている。

富岡駅前の観光案内板

観光案内板。

ここに載せられているスポットのうち、いったい何箇所に遊びに行くことが出来るのだろうか?

fukusihima13

駅前に置いてあった鉢植え。

プラカードに書いてある「このお水は汚染されていない安全なお水です」の文章は、インパクトの強さという意味でTHE YELLOW MONKEYが歌う楽曲「JAM」のあの伝説的な歌詞

『外国で飛行機が堕ちました。ニュースキャスターは嬉しそうに「乗客に日本人はいませんでした」』

の一節を僕に連想させた。

富岡駅構内

富岡駅構内(海側)

入口から海側を眺める。

ここから海岸まで2~300mあるのだが、視界を遮るものが何もない。

富岡駅駅舎

富岡駅駅舎・遠景

富岡駅ホーム。

二枚目右側の電柱がポッキリと折れている。

富岡駅北側1

富岡駅北側2

駅から北に進んだ所。

なお、2015年1月に駅のホーム上屋及び跨線橋を解体したそうだ。

2017年末の運行再開予定とのこと。

駅周辺

放置車

放置車2

駅舎を出た後、近辺を散策する。

北の方には、打ち捨てられた乗用車が無造作に転がっていた。

信じられないかもしれないが、震災から三年経とうとしているのにまだこの有様なのだ・・・

富岡の自動販売機

自動販売機。

富岡駅の放置された自動販売機

こちらがアップにしたもの。

左側の自動販売機がアルミ缶みたいに潰れているのがお分かりだろうか?

富岡駅周辺

富岡駅を背に向けた状態に撮影。

駅周辺には10名程の見物人が来ていた。

住宅街へ

ここからはバイクにまたがり、海沿いの住宅地を見て回る。

fukusihima24

原っぱに横ばいで放置された自転車。

これはどこでもよくある風景であるが、

家と転がる自動車

原っぱに横ばいで放置された自動車というのはそう簡単にはお目にかかれないだろう。

fukusihima26

上の写真の近くにあった新築らしき住宅。

一階部分がゴッソリと削られており、改めて津波の恐ろしさを垣間見れた。

住んでいた方は無事に避難できたのだろうか・・・?

fukusihima27

住宅街にはこのようなガレキの山もあった。

立ち入り制限区域のゲートまで

住宅街を抜けた後、僕は国道6号線へ戻る。

こうなった行けるところまで行こうと思い、福島第一原発の立ち入り禁止地域ギリギリまでバイクを走らせることに決めた。

エネルギー館

道中、「福島第二原子力発電所 エネルギー館」を発見した。

当然のことながら、無人の廃墟施設と化している。

エネルギー館の設立者は、まさか福島で世界規模の原発事故が発生するなんて想像していなかったのだろうな・・・

ドヤ顔しているエジソンとキュリー夫妻の看板を見ながら、僕はそんな感傷に浸る。

原発立ち入り制限ゲート

立ち入り禁止区域の検問所。

Google Mapで確認するとここから福島第一原子力発電所まで車で15分ほど。

直線距離だと大体6~7kmの距離。

ここから先へは通行証がないと先に進めない。

当然ながら、僕は持っていないので、ここで元来た道を引き返す・・・

終わりに

「富岡は負けん」垂れ幕

ゲートから南下しているとこのよう垂れ幕を発見しましたので、最後に紹介します。

「富岡はまけん!」ポスター拡大

 

「富岡は負けん!」

 

富岡町民の悲痛かつ熱い気持ちを感じさせられました。

考えてみれば、自分も今住んでいる所や故郷が立ち入り禁止になったらとても辛い気持ちになります。

YAHOO!募金

 

さて、これを読まれている皆様、もしお時間ございましたら

本日、3月11日にYAHOO! JAPANにて

「3.11」と検索してください。

震災から5年、いま応援できること。 - Yahoo! JAPAN

検索していただいた方、ひとりにつき10円がヤフーから復興支援団体へと寄付されます。

 

復興が進み、避難されている方が一日も早く自分の家に人々が帰って来れる事を・・・

及び震災で亡くなった皆様のご冥福をこの場を借りてお祈りいたします。

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

 

↓シェアして頂けると励みになります!

スポンサードサイト

-旅行記
-, , , , ,

Copyright© ひだりゅー通信局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.