日記

【家賃2万円】ひだりゅー、東京に引っ越しました【シェアハウス】

ひだりゅー

どうも、お久しぶりです!

ひだりゅー(@dakahi3776)こと、日高 隆治です。

本日、12月5日を持って、とうとう念願の東京暮らしをスタートさせました。

思えば、10代の頃からずっと憧れ続けてきた土地だけにめちゃくちゃ嬉しいですねw

 

スポンサードサイト

 

さて、東京に住むにあたって気になるのはやはりお家賃

20件以上の不動産会社を見物してきたのですが、値段がお高いお高い。

自分は、名古屋に居た時は駅から徒歩1分で月額3万4000円のマンションで生活していたのですが、東京だと同じように駅から徒歩1分でマンションで月額18万オーバーの物件(しかも1DKで)も!?

個人的な体感としては平均8万、安くても大体5万円台。うぐぐ・・・。

 

 

そんな時、Google先生に「東京 家賃 安い」に検索してみたところ、ヒットしたのがシェアハウス

テラスハウスのヒットの影響もあってか、ここ最近都内でも爆発的にその数を増やしているそうです。

「まあ、元々聚楽で働いてた時も寮暮らしだったし、シェアハウスもそんな変わらんだろう」

というわけで、検索でヒットした「ゲストハウスバンク」や「シェアシェア」など、シェアハウス専門サイトでの部屋探しにシフトしました。

 

 

調べてみるとマジで家賃が安い

新宿まで1駅、2駅の所で家賃4万円台や3万円台の激安物件がわんさか出てきました。

そして、僕が見つけ出したのはさらに安い、月2万円!

公共費1万円込みでも3万円の空前絶後の驚安物件!

やべえ、シェアハウスマジヤベぇ!

 

スポンサードサイト

 

いくつか目星をつけたのでサイトに載せてあった電話番号に連絡し、管理会社の事務所へ。

簡単な書類を書いた後、審査があるということだったので連絡を待っていたのですが、なんとその日のうちに合格通知に来ました。

これだけでも驚いたのに、なんと明日から住めるとな!?嘘だろッ!?

 

 

次の日、再度管理会社のオフィスに顔を出し、昨日とは別の書類と身分証明証を提出。

その後、15分ほどのハウスルールについてのDVDを鑑賞。

ハウスの住民らへの自己紹介のために写真を一枚撮り、最後に部屋の鍵を貰う。

「これであなたもシェアハウスの一員ですよ。」と、事務員さん。

ここまで、わずか1時間

ファーストフードならむファーストハウスだ。

 

 

部屋についたら、ドアの暗証番号をピピッと解除。

安いけれども、セキリュティはしっかりしている。

ドアを開くと右手に何か書かれたホワイトボードが目に飛び込んできた↓

ホワイトボード

 

何だこれは(唖然)

 

なんか、書かれている内容もそうですが、ひらがなが多い所や最後の「怒りマーク」とか、なんだか統合失調症っぽくて怖いんですけど・・・

大丈夫なのか、ここは?

 

 

狂気じみたホワイトボードに呆気を取られつつも、自分の部屋に向かいます。

白を基調とした内装はとても綺麗。

荷物を部屋に置き、外出のために廊下に出ると第一住民とコンタクト!

20歳前半に見える女の子で、雰囲気的に東アジアのどっかの国の人っぽい。

そして、結構可愛い(←ここ大事)

 

 

書き忘れていましたが、僕が暮らすシェアハウスは日本人だけではなく外国人も住んでおり、なおかつ男女一緒に生活します。

異国人と生活したことは何度かあれど、女性と同じ屋根の下で暮らすのは実は初体験なんですよ♪

いやはや、生まれてからの28年、一体何やってたんだろうね(落胆)

 

 

話を戻すと、この新しい隣人に僕は「はじめまして、引っ越してきた日高と言います!」と、接客業で身につけた気持ちのいい挨拶を解き放ちました。

「こりゃあ、一目惚れされちゃうじゃねぇか・・・?ここから俺のテラスハウスの始まりだぜ!」

内心そんなことを思っていたのですが、彼女は不審者でも見るような眼差しを向け、聞き取れるかどうかくらいの小声で「こんにちは・・・」と一言返し、その場を速やかに去っていきました。

ダーツの旅の第一村人はだいたい優しいのに、僕の第一村人はちょっと冷たかった・・・。悲しい。

 

 

幸いその後に共有スペースでお話した方々は非常に人当たりの良く、色々と物事を教えてくれました。

人間関係も例外はあれど(だいたいどこにでもいるよね、例外さん)、皆さんトラブル無く生活しているそうな。

一時は「やべぇ所に来た・・・」って思っていましたが、とりあえずは一安心♪

 

 

さて、ブログも書いたことだし、今からはシェアハウス生活1日目の夜を楽しんでいこうかと思います。

もし、僕と東京で遊びたいって方は連絡してくださいね。

ではでは、おやすみなさい・・・。

 

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

-日記
-, , ,