旅行記

【2017年】小室山に初日の出を見に行きました【あけましておめでとうございます】

投稿日:2017年1月5日 更新日:

当ブログを閲覧されております皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年度も面白い記事を量産するので、どうぞよろしくお願いします。

正月

出典:年賀状・正月のイラスト | 無料のフリーイラスト素材集【Frame illust】

改めまして、どうもひだりゅーでございます。

さて、新しい年「2017年」がやってまいりました!

皆さんはこの三が日をどのようにお過ごしでしょうか?

実家で家族と一家団欒を楽しむ方。

友人らと遠出してニューイヤーをエンジョイしている人。

そして、やることも無く一人でただただ寝正月を過ごしてしまっているア・ナ・タ・♪

ちなみに僕は元旦以外は仕事が入っており、正直ゆっくりは出来ないのですが、まあそれはそれで一つの風物詩なのかと思い、楽しんで過ごしております。

縁の下の力持ちがあってこそ、消費者の皆様が楽しめるものですね(ゲス顔)

なお、弟は「正月も働く労働者」として、テレビの晒し者になる予定なのだとか。

おぉ、こわいこわい・・・

スポンサードリンク




初日の出を見に行ってきました。

さて、上でも話した通り、僕は元旦に休みを頂いたので、思い切って小室山に初日の出を見に行きました。

「小室山って何やねん?」って方は、下のページで詳しく紹介していますので、どうぞ~

小室山のつつじ祭りとぞうがん美術館に行ってきました。

実は、僕は成人してから初日の出を拝んだことがまだ無かったので、ワクワクしながら前日床に着いたのですが・・・

まさかの寝坊(唖然)

五時半出発予定だったのに目覚めたのが、5時40分という愚かさ。

この遅れが後々響いてくるのですが、それは後のお話・・・

参加メンバー

【Tさん】

Tさんイメージ図

伊東市生まれの20代女性。

僕が働いているレストランに1ヶ月ほど派遣で働いていた。

その僅かな期間で課長から「接客の鏡」と幹部会議でもベタ褒めにされたレジェンド。

TはTでも、別に寺生まれではない。

 

【イケメン】

イケメン

埼玉県からやって来た20代イケメン。

僕が働いているレストランにて、研修で2週間ほどいたのだが、この間にお客さんからのアンケートの「この人が良かった」の欄に一日4件書かれるという史上初の伝説を残した。

マジ、イケメン。抱かれたい。

 

【ひだりゅー】

ひだりゅー

出荷地:福岡県福岡市。

一般人を装った雑魚。

今回の企画者。なのに寝坊したド屑。

 

以上、三名で初日の出を見に行きます。

小室山に到着するもまさかの・・・

AM6:23

小室山入り口

小室山に到着。

が、リフトは初日の出を見る群衆で長蛇の列に・・・

ここに来て、寝坊が致命傷になってしまった。

もう駄目かと思ったのですが、前にいる老夫婦に

「階段を使えば、あんたら若いもんなら15分で頂上まで登れるぞ」

と、まるで天の声のようなアドバイスが!

この時、6:30。日の出は6:52。

あと20分!ぎりぎり間に合うのでは?

という訳で、僕ら一行はリフトを諦め、階段で小室山頂上へと目指すことに。

スポンサードサイト

階段と恐竜たち

小室山の階段

僕らと同じことを考えている人間はぼちぼち居たようで、階段にはそこそこの人手がありました。

Tさん曰く「私が小学校の頃より整備されていますよ」とのこと。本当に良かった。ありがとう伊東市。

階段を昇る途中、ちょうどリフト乗り場と頂上の中間地点あたりに

恐竜広場

 

恐竜が生息していました(発見)

 

恐竜広場

なんでも恐竜広場なる施設らしく、全部で7頭くらいの恐竜の像がまるで博物館のそれであるように設置されていました。

「恐竜」の名を冠しながらも何故かマンモスがいたのは謎でありますが、そんなことを真面目に考察していたら初日の出に間に合わなくなってしまうので、ひだりゅーこの沸々と湧いてきた疑問を完全スルー。

そして山頂へ

そして、6:44・・・

頂上展望台

登山開始から約15分で無事に僕らのパーティは小室山山頂へと到着しました。

ありがとう老夫婦。感謝感激、お前らマジリスペクト。

初日の出を待つ人々

山頂展望台では多くの人々が2017年の初日の出を待ち望んで待機していました。

風は幸いにも吹いておらず、階段を登りきった後ということもあってか、あまり寒さを感じません。

初日の出寸前

運命のときが徐々に迫ってくる瞬間・・・

山頂にひしめく観衆らがざわついたのは、6:56のことでありました。

2017年初日の出

来たッ!海と雲を乗り越え、2017年最初の太陽が顔を出しました。

冬の空気の澄み切った晴れ模様も手伝って、その姿は元祖室で見た富士山の御来光の様に美しく綺麗なものでした。

写真を撮るイケメン

イケメンも感動のあまり、自慢のカメラをパシャパシャ。

僕も興奮のあまり、思わずその場で脱糞してしまいました。

さようなら、2016年。

よろしく、2017年!

今年も楽しいことが待っているぞ!

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

スポンサードサイト

-旅行記
-, , ,

Copyright© ひだりゅー通信局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.