おもしろ

野猿と目をあった瞬間、タイマンで殺されかけた話【富山・宇奈月温泉】

投稿日:

 

Get your stinking paws off me, you damned dirty ape.

(「汚い猿め、触るな!」)

ーーーPlanet of the Apes(猿の惑星・1968年)

猿 文字

どうも、小さい頃の似ている動物によく猿を挙げられていた旅人ひだりゅー(@dakahi3776)です。

よく日光猿軍団や動物園なんかで可愛らしい姿を大衆に魅せるニホンザル。

ところが、野生のサルは人を襲うこともある危険な動物なんですよ。

今回は、僕が日本一周旅行中に野猿とタイマン張って殺されかけた話を書いていこうかと思います。

ではでは、どうぞ~

スポンサードリンク




宇奈月ダムを観光中に事件は起きた

2013年6月。

僕が富山県黒部市の「宇奈月ダム」を観光していたときのことでした。

僕はバイクを駐車して、ダムの撮影をするためにその場を離れました。

15分後、無事に写真が撮れたので満足げにバイクを置いた場所まで戻ると、主人たる自分の代わりにシートに跨る姿が・・・

宇奈月ダム

 

大胆な窃盗犯?

いたずら好きな子ども?

それともただの変態?

 

 

驚いたことに、それは野生のサルでした。

 

野猿、100%の威嚇

この大人の雄猿が、僕のバイクに乗っている理由は正直わかりません。

もしかしたら、彼も旅人、いや旅猿なのかもしれませんね。

とにかく、その珍しい光景を前に僕が写真を撮ろうとiPhoneを構えたその刹那!

 

記者ぁぁぁアアあアァあぁっッつ!!!

 

ニホンザル

まるで僕が遺産問題で親族一同に嫌われた跡取りのような、または戦場で出会った親の敵のような、とにかく物凄く僕に対し100%敵対心丸出しの威嚇行動を取ってきました。

このままバイクを猿に取られてたまりません!

なんたって、知り合いも居ない富山の山中。

この黄色い愛車を失ったら、夢にまで見た僕の日本一周の旅もここで潰えてしまいます。

というわけで、僕はマジェスティ奪還作戦に打って出ます。

スポンサードサイト

戦争では間違った情報が命取り

僕は昔、何かの本で野生動物と出会った時は

「相手の目を見ると怯えて逃げていく」

というのを読んだので、それに従いエテ公を憎き恋敵のごとく思いっきり睨みました。

後ほど知ったのですが、ことニホンザルに関しては、目を合わせる行為が敵対を意味する行動らしいです。

もう一度言います。

 

サルに目を合わせることは、すなわちケンカを吹っかけていることなのです。

 

<出典>サルが子供を泣かす瞬間 / 東山動物園 - YouTube

 

ホ亜ァァァんぎゃぁア唖ン!!!

 

「目と目が逢う 瞬間好きだと気付いた」

そんなことは絶対に嘘だ。

野猿は、バイクから飛び降り、殺意満々で僕の前に立ちはだかった。

烈海王もびっくり!?ぐるぐるダッシュでサルを蹴散らす!

結果はどうあれ、バイクからサルを引きずり下ろすことには成功したのですが、僕とバイクの間には怒れるお猿さんが一匹。

これでは、マジェスティ奪還作戦はまだ完遂したと言えません。

幸いにサルも僕に警戒しているのか、5mぐらいの距離から近づいてこようとはしてきません。

僕は頭をフル回転させて、ある一つの作戦を立案しました。

もうこの際、こちらからサルに近づいてやろう。

大声を出して、サルをビビらせてやろう。

覚悟を決めるために、深呼吸をしました。

サルは相変わらずバイクの前で毛を逆立て、ときおり大声を挙げています。

このままじゃ埒が明かない、行くぞ!

意を決した僕は、眼前の敵に負けない大声を発しながら特攻しました。

 

ウンぎゃぁぁあオオォ怨おぉいいン!!!!

 

烈海王 ぐるぐる

自分を大きく見せるため両手を上に上げ、がむしゃらに振りながら、何の意味もクソもない奇声を発し、サルめがけて全力ダッシュ!

さすがのサルもこれには恐れをなしたのか、回れ右でそのまま猛スピードでコンクリの壁を駆け上り、森の中へと帰っていきました。

逃げるサル

 

勝った・・・

サルに・・・

野生に・・・

 

これは小さい勝利かもしれない。

人生において、何の意味もない勝利かもしれない。

もしかして、傍から見たらただのキ○ガイ変態野郎にしか見えないかもしれない。

それでも、僕はサルに捕らわれていた旅の相棒との再会を果たします。

 

バイクのシートにでっかいウ○コが置いてあった。

サルなんて大嫌いだ、もう二度と顔も見たくない。

 

by.サルに似ている男@ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

スポンサードサイト

-おもしろ

Copyright© ひだりゅー通信局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.