ニュース

山田哲人のホームランボールを取った少年が大炎上、住所特定か?【クソガキ】

投稿日:

怖い世の中であります。

ある少年がホームランボールをキャッチしたためにネット上で大炎上した挙句、住所まで特定され家の車などに嫌がらせをされた?といった案件が発生しました。

今回の記事では

・一連の騒動の流れ

・ネット上の意見

などを書いていきたいかと思います。

では、どうぞ~

スポンサードリンク




幻のホームランボール

2017年3月7日、WBC日本 対 キューバ戦の4回裏2アウト、同点かつランナー2塁の状況で1番山田哲人選手が敵ピッチャーから大きく打ち上げる。

「そのまま、ホームランになるのか?」

というところで、観客の少年が柵から身体を乗り出して捕球↓

ビデオ判定の結果、この打球はホームランでは無く、2塁打となります。

これに対し、ネット上では日本代表の足を引っ張ったとして大炎上する結果に。

騒動の経過

https://twitter.com/yabatters/status/839110149151154176

↓キャッチしたとされる少年。

少年

出典:blog.esuteru.com

↓警備員に注意されている様子

叱られる様子

また、この少年を指したクソガキのワードはまさかの世界のトレンド入りに!?

まさかの住所特定?

この騒動に怒る一部のTwitter民が、画像を元手に少年の住所を特定したとの情報が。

が、私が確認できる限りネット上に流れている住所はあの世界一炎上したコテハン「八神太一 ◆yagami99iu」のモノ。

つまり少年となぜ全く関係ない住所なのです。

奇しくも3月7日がコテハン・八神太一の本名が特定された日なので、それに便乗して「ホームラン少年の住所」として広められているのだと思われます。

スポンサードサイト

ネット上の反応

炎上系のツイート

https://twitter.com/name_4525/status/839082774233427969

逆にこのような意見も

個人的には

さて、ひだりゅー個人の見解は、少年は確かにルール上悪いことをしましたが、ここまで炎上する程なのか?というものであります。

もちろん、世界大会での強豪と同点の場面、ファンがピリピリするのもわかりますが、「ホームランを取り消しにした」なんて意見も、結局は審判らが「2ベースヒット」と判定したのであれば、それは残念ながら本塁打では無いのです。

少年も警備員に厳重注意されたようですし、興奮のあまりにやってしまったことで日本を負けさせるためにワザと行ったものでもありません。

というわけで、僕個人としてはこれ以上彼を叩かないであげて欲しいですね。

もっとも、この少年が某コテハンみたく火に油を注ぐ発言をしたのならば、別の話になりますが・・・

終わりに

以上が、今回の山田哲人選手のホームラン騒動の一連の流れとなります。

僕もいざという時には自分の感情や欲を優先させずに大局的な目線をーーー今回のケースではボールを取るべきなのか、どうなのかをしっかりと考えて行動していきたいですね。

また、SNS上の住所などの個人情報の管理もこれを機会に見直さなければ!

最後にWBC日本代表、キューバ戦勝利おめでとうございます!

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

スポンサードサイト

-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© ひだりゅー通信局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.