雑学

【絶対に行ってはいけない】日本のヤバイ危険スポット7選【行ったら死ぬ】

2017/07/22

おはようございます、ひだりゅー(@dakahi3776)でございます。

世界トップクラスに治安が良いとされる日本。

一見、安全そうに見えますが、日本は広い。

行ったら最後、命が無くなるような危険な場所が山ほどあるのです。

今回は、そんな国内の激ヤバスポットを7つ紹介していきます。

なお、紹介順は北からとなっております。

では、どうぞご覧下さい。

スポンサードサイト

知床岬(北海道)

知床半島相泊

【危険理由】野生動物

北海道北東部にある知床半島。

その最先端に知床岬はあります。

遊覧船に乗って海上から岬先端を眺めることは簡単なのですが、問題は陸路からのアタック。

なぜなら、知床半島は世界トップクラスに高い密度ヒグマが生息している場所だからです。

熊出没注意

僕が知床で働いていた時に、友人と2人で陸路にて知床岬を目指そうとした方の話を聞きました。

彼らは、知床半島の森にて夜間テント内で休もうとすると、外からヒグマの唸り声が聞こえてきたそうです。

しかも、どうやら羆は野営場所周辺をグルグル回っている様子。

怖くなった彼らは岬を諦め、荷物をまとめ大慌てて町まで引き返したそうです。

キタキツネ

そして、ヤバイのはヒグマだけではありません。

なんと知床ではキタキツネも我々人間に死をもたらしかねない存在なのです。

彼らが持つ、寄生虫の1種「エキノコックス」は現地の湧水からでも人体に感染してしまいます。

治療せずに放置した場合の5年後の生存率は30%なのだとか・・・

有毒温泉(北海道)

有毒温泉

出典:Wikipedia

【危険理由】有害物質

名前からしてやばそうなこの温泉は、北海道上川郡上川町の御鉢平カルデラの底部に存在します。

強力な毒性を持つ硫化水素のガスが噴出し、温泉周辺ではガス中毒で死んだヒグマやキタキツネなどが横たわっているそうです。

1960年代には、登山客がこの温泉の湯だまりで入浴中に硫化水素のガスにより中毒死した事故も・・・

雫石慰霊の森(岩手県)

慰霊の森・石碑

出典:matome.naver.jp

【危険理由】心霊

日本に数多くの心霊スポットはあれどどこが一番ヤバイと聞かれれば、この慰霊の森を挙げる方が多いでしょう。

1971年、162名の死者を出した全日空機雫石衝突事故の発生現場で、2chの心霊スポットランキングでは1位に君臨しています。

普段心霊体験をしない人でも「ここだけは何かが違う・・・」と、感じるくらい異質な場所なんですって。

遺族の気持ちも考えると、やはり冗談半分では行かない方が良い場所でしょうね。

スポンサードサイト

福島第一原子力発電所(福島県)

福島原発

出典: PBR

【危険理由】有害物質

2011年3月11日、東日本大震災に起因して1 - 4号機で炉心溶融や建屋爆発事故などが連続して発生し、INESレベル7に分類される重大事故(福島第一原子力発電所事故)を引き起こしました。

INESレベル7は原発事故の最も高い規模のものであり、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故とこの福島原発事故のみが指定されています。

そんな中で果敢に職務を全うされる現場作業員の方々には感謝しきれません。

谷川岳(群馬県・新潟県)

谷川岳

【危険理由】地形

1931年(昭和6年)から2012年(平成24年)までの間に死者805名を出しています。

これは8000メートル峰14座の死者の合計637名も超す、ダントツの世界ワースト1位の記録であります。

谷川岳の標高は2,000mにも満たないのですが、一ノ倉沢などの急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、天候の変化も激しい。

こうしたところから、谷川岳は「魔の山」「人喰い山」「死の山」とも呼ばれます。

西成・あいりん地区(大阪府)

あいりん地区

【危険理由】治安

磨かれたピッカピカの10円が500円で販売、セーラー服着たおじさんが道路の真ん中で寝そべっている・・・

日本唯一のスラム街と言われる大阪市西成区の「あいりん地区」。

地区内の警察署は日本で唯一の鉄格子で周りを囲った造りとなっているなど、異常性が目立ちます。

先日もこの付近で居酒屋の客数人暴走族100人大乱闘になるといった事件も!?

余談ですが、大阪府は日本で一番犯罪発生率が高い都道府県らしいですね。

硫黄島(東京都)

硫黄島の戦い

出典:Wikipedia

【危険理由】心霊

かつて、太平洋戦争で2万5000人以上の戦死者を出した激戦区である小笠原諸島「硫黄島」。

ここは海上自衛官の間では、日本最恐の心霊スポットとして恐れられています。

今から書くのは、実際に硫黄島へ行ったことのある僕の自衛隊の同期M(↓画像)の体験談です。

M in 名古屋

8年ぐらい前、彼の乗っていた艦は硫黄島への荷物を運ぶ任務を与えられました。

作業も終わり、Mは島内で休憩中、海をバックに自分の写真をガラケーで撮影してもらったそうです。

その後、広島へ帰るべく一行は太平洋を北上。

Mは、シフトの合間に携帯で撮影した画像を眺めていると、先ほど島で撮った写真から黒い手が伸びているではありませんか。

スポンサードサイト

「生まれて初めて心霊写真撮ったわぁ~」

彼は最初こそ上機嫌になりましたが、その後人に見せようと画像を開くたびにその黒い手がどんどん大きくなり、写真に写った自分の方へと伸びてきたそうです。

怖くなったMは画像を消そうとしましたが、何回やってもその忌まわしいモノは消えてくれません。

黒い手は自分と頭一つ分の距離まで近づいてきています。

背に腹は変えられんと、Mは心霊画像が入っていた携帯SDを抜き取り、ほかの写真データ共々夜の海へと放り投げました。

その後は何もなく、Mは現在も健康に自衛隊業務を全うしています。

でも、もしあの時黒い手がMに触れていたら・・・

硫黄島マグマ

出典:Make Happiness。

さて、硫黄島は「世界で最も危険な火山」1位にも選出されています。

もし大噴火を起こした際には高さ25mほどの大津波が日本列島を襲う危険があるそうです。

硫黄島は、100年内に大噴火する恐れが・・・

ただただ何も起きないことを祈りましょう。


 

【2017.7.22追記】

「世界で一番危険な火山」なのは九州の南西に位置する硫黄島(いおうじま)、通称・薩摩硫黄島だったとのこと。

そんな硫黄島の位置はこちら↓

7300年前に噴火した際は、火山灰や火砕流で当時九州にあった縄文文化は壊滅したのだとか・・・。

被害規模がヤバすぎて、九州出身者である自分にとっては脱糞もんですわ・・・

終わりに

いかがでしたでしょうか?

以上が日本の行ったら死ぬスポット7選となります。

探せばもっとありそうなので、また見つけたら報告していきますわ。

ではでは・・・

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

-雑学
-, , , , , , , , , , , , , , ,